お問い合わせ

よくあるご質問

お仏壇を求める時期は、いつ頃がよいですか?
極端な表現だと思われますが、お仏壇は亡くなられた方やお位牌を御祭りする所ではありません。お仏壇は「仏様」を御祭りする所です。仏様は、命も含め、この世に存在する全ての物を創造された私達が考え得る最高の絶対者なのです。そして私達が仏様を御祭りさせて頂くのは、絶対者である「仏様」の御慈悲で、先ず私達の幸せを護って頂きたい為に御祭りするのです。
お仏壇の向きに決まりはありますか?
特に定まりはありませんが、いろいろな説がございます。
例えば、お仏壇の傷みを防止する目的から、直射日光が当たらないお部屋の北側に南向きで安置すべきという説。お仏壇を拝む方向の延長線上に本山があるようにとする本山中心説(本山が京都にあるときは、関東では西側安置、東向となります。)。お仏壇を拝む方向に西方浄土があるように、西側安置、東向と言う西方浄土説。この他にも色々な迷信や珍説もございますが、出来得ればという事で、あまりこだわらなくても良いと思います。
お位牌について詳しく教えてもらえますか?
葬儀のときの白木の位牌は仮のものですから、四十九日法要までに本位牌を準備します。位牌の表には戒名、亡くなった年月日、裏には俗名、行年(享年)を入れます。戒名入れの手法には、機械彫り文字と手書き文字があります。文字入れに2週間位かかるので、早めに仏壇店に依頼しておくとよいでしょう。
仏具について詳しく教えてもらえますか?
宗派が違うと仏壇に安置する本尊が違いますので、自分の宗派に合わせた本尊を選びます。
本尊の形式には、お姿のある仏像と絵像の掛軸があります。
仏壇のなかは本尊や位牌を安置するだけではなく、花立や燭台、香炉、仏器、茶湯器、リンなどの仏具を飾って荘厳します。
仏壇の手入れはどれぐらい必要ですか?また、修理が必要な場合はどうすればよいですか?
仏壇は日頃のお手入れが大切です。1年に3~4回、お盆やお彼岸の前、年末などに念入りな掃除をするとよいです。そのとき仏壇に傷がついていないか、壊れているところがないかも忘れずにチェックしましょう。修理が必要と感じたら仏壇店に早めに相談するとよいでしょう。

光雲堂の安さの秘密

お電話でのお問い合わせ

お電話でのお問い合わせは、下記の電話番号におかけください。

048-933-1051

メールでのお問い合わせ

メールでのお問い合わせは、下記の項目に記載の上、ご送信ください。
メール確認後にお電話かメールにて返答させていただきます。
返信に数日かかることもございますので、ご了承ください。

は、必須項目です。

お名前
電話番号
メールアドレス
お問い合わせ内容
販売会・イベント情報
お知らせ